団体概要

基本方針

地域経済活性化

諸団体、地域、行政、海外等と連携

地域文化継承及び創出

地域の伝統継承に積極的に貢献、新たな文化の醸成に努める

YEG資質向上

経済人、国際人、経営者、相模原市民として、そしてYEGとして教養を高める研修や視察

組織強化

YEG周知、会員増強、部員団結

会長挨拶

2021年度スローガン『LOVE your company, LOVE さがみはらYEG』

2020年度の船出は、まさに100年に一度の災禍の真っただ中にありました。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、二度の緊急事態宣言を経て、私たちの暮らしや経済活動はほぼ一変せざるを得ませんでした。
 
そのような状況下ではございましたが、私たち相模原YEGは昨年度、学びの機会も兼ねた月に一度の全体会を開催し、秋の完全オンライン化したさがみはらフェスタ、そして年末には報告会など、手探りながらもいくつかの事業を行ってまいりました。どれも初めての試みでしたが、委員長をはじめとする各委員会メンバーの奮闘により、なんとかカタチにすることができ、また様々なフィードバックを得ることができました。
 
特にさがみはらフェスタでは、これまでにないコンテンツを取り入れることができ、市の内外から多くの閲覧者や視聴者を獲得するなど、大きな成果を生むことができました。そして何より、オンラインでの開催により、どのような状況であれさがみはらフェスタという事業を実現できる形をとることで、会全体のモチベーションを維持しながら、YEGメンバーの皆様の多くのご協力、ご参加をいただけたことは、会の運営を任されたものとして非常にありがたいことであり、また会にとっても貴重な経験であったと考えます。
上記のような活動を続けながら、コロナ禍の終息を祈り続けた1年間ではありましたが、ことはそう簡単には進みませんでした。年末年始にかけての第3波が猛威を振るい、われわれ相模原YEGの中でも、飲食店・観光・イベントの各業種を中心に大変な打撃を受けました。そのような中で、本年度は、青年部としての事業の在り方をいま一度考える、そういう機会が訪れているように思います。
 
そして、もう一つ我々が青年経済人として視野に入れるべきは、コロナ後のことです。時期こそ明言できませんが、コロナ禍は必ず去っていくでしょう。その来るべきコロナ後の世界では必ず我々にとって飛躍のチャンスが訪れます。ここで大切なことは、大きく飛躍するためには、まずしっかりと「力」をため込むことです。我々にとって「力」とは資本であり、また情報であり、そして新しいアイデアを生み出すための学びであります。本年度は、それら青年経済人としての「力」をしっかりとため込み、大きく飛躍する準備の期間と位置づけ、仲間と共に多くのことを学び、試行錯誤する一年としたいと思います。
 
組織体制については、昨年度に引き続き、Learning(研修)、Organization(組織)、Valueup(価値向上)、Entertainment(楽しませること)という4つの柱を継続し、そこにコロナに負けない事業所づくりとコロナ後の飛躍のための学び、そして情報共有の場としての商工会議所青年部という視点を加味した活動をしてまいりたいと思います。
 
自企業への愛、そして仲間への愛という基本に立ち返る意味で、2021年度スローガンは「LOVE your company, LOVE さがみはらYEG」とさせていただきます。
引き続き本会の継続的な活動へのご理解と、ご協力をお願いしまして2021年度の所信のご挨拶とさせていただきます。
 

第26代 2020年度会長

染谷 耕平

役員名簿

会長

染谷 耕平
HOLD司法書士事務所

副会長

松下 龍太
㈱FORT
杉岡 祐樹
相模ガス㈱
丸山 隆司
㈱サージェントフーズ
塩川 剛真
㈱エスケイ

専務理事

尾作 太一
㈱文盛堂

特別理事

安藤 佑弥
社会保険労務士法人安藤事務所
東 正充
㈲ミドリ回収サービス

監事

竹下 力
RIKITEX
小澤 隆宏
㈱KLS

会計

榎本 揚助
㈱菅野製麺所

理事

中島 祐賢
相模原観光㈱
天野 健斗
ソニックエレクトロニクス㈱
森田 江利子
エッキミュージックサロン
横尾 一男
㈲相武ガーデン
關口 大介
NPO法人日本サポートネット
山中 翔馬
㈲山中自動車
永保 敏伸
田名幼稚園
長谷川 巧一
㈲長渕建築板金

組織図

組織図

ここに組織図

青年部概要

綱領

相模原商工会議所青年部は
地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い
次世代への先導者としての責任を自覚し 地域経済発展の支えとなり
新しい文化的創造をもって 豊かで住みよい郷土づくりに貢献する。

指針

われわれ青年部は

  • 一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう
  • 一、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう
  • 一、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう
  • 一、文化を伝承しつつ新しい文化の創造に向かって歩を進めよう
  • 一、行動こそ時代を先駆けるべき 青年の責務と信じ力を合わせ国の礎となろう

青年部の歌

青年部の歌